海感!海国のまち下田 し~もんは下田市事業「世界一の海づくりプロジェクト」の一環で行われています

し~もん「伊豆下田のアウトドア・自然体験」案内所

インストラクター紹介

インストラクター紹介一覧
007ポートレート

海の達人

なにをやっている人?
釣舟の船長
氏名
土屋 佑二郎
ニックネーム
ゆう船長
プロフィール
須崎を離れてずっと暮らしていたが、母親の実家が釣り船をやっていたので戻ってきた。釣り船以外に9月から5月はエビ網漁、また30年以上続く高足蟹漁は下田でうちだけ。世界最大の蟹で400mくらいの深さから揚げるのは本当に一苦労。お客さんを連れて乗るのがやはり楽しい。常連も多いが、初めての人に面白さを分かってもらおうとつい夢中になる。
コメント
釣りのマニアは真冬の寒さも平気。狙う獲物があれば遠くからでもくる。これから始める人は快適なシーズンがいいと思う。うちは遠征もやっているので大型の高速船。安全で快適、疲れ知らず。楽しい釣りが出来るはず。マグロ、カンパチなど大物狙いは覚えたら病みつきになる。
ガイドさんがすすめる下田の絶景スポット
1.30..1[1]
爪木崎の灯台。ここに立つと海の視界が200度以上広がる。黒潮の流れる爪木崎沖はどこまでも青が深い。強い風で波頭が砕けて、白波の模様が沖まで続く。十二月には野水仙がいっせいに咲く。まわりが甘い香りでいっぱいになる。
ここは美味しい! ここで食べれば最高~下田を満喫できる飲食店
11[1]
須崎の漁師の次男坊が居酒屋「三久」を始めた。新鮮な魚貝が実家から届くのですごい。席の取れない人気店になった。表の構えだけだと通り過ぎてしまいそうだが、料理旅館仕込みの和食と、本格的な韓国料理店で学んだチヂミや鍋など、何でも美味しい。
下田で泊まるならここ~その理由は?
4[1]
須崎の民宿「浜屋」 須崎の港を一望できる丘の上にあり、日ごとに変わる伊豆諸島の景色がきれい。主人自ら「はまや丸」で獲ってくる活きのいい魚介と、海が見える温泉風呂が人気で、家族で来て気に入り、会社のグループ旅行でもまたここを選ぶ、そんな客も多いと思う。女将や若女将のサービスが温かい。
インストラクター紹介一覧