海感!海国のまち下田 し~もんは下田市事業「世界一の海づくりプロジェクト」の一環で行われています

し~もん「伊豆下田のアウトドア・自然体験」案内所

インストラクター紹介

インストラクター紹介一覧
プロフィール写真 (2)

調理・食の達人

なにをやっている人?
よろずカフェ「らくら」店主&下田紅茶の会事務局
氏名
森 享子
  • Facebook
ニックネーム
きょうちゃん
プロフィール
銀行員生活通算20数年のその中で関わったNPO活動、下田紅茶の会。やがて自分の夢と合わせて「よろずカフェ らくら」という形になりました。開国下田紅茶、下田のもてなしの自酒‟下田黎明”を気軽に楽しめる店。下田ならではのカフェを目指してます。
コメント
今日静かなブームになってきている和紅茶。下田は茶処ではありません。その下田に和紅茶の店がなぜ?と思われると思いますが、下田は黒船と一緒に紅茶が日本に上陸した地と言われてます。その下田で唯一の茶畑の茶葉を使って作っているのが開国下田紅茶です。その紅茶を楽しく美味しく飲んでいただける様日々精進してます。
ガイドさんがすすめる下田の絶景スポット
1379341_523946904348833_18250776_n (2)
らくらの入り口すぐの窓から見える稲生沢川河口の風景です。ここは下田のベネチュアかと思われる様な景色です。とくに黄昏時はお薦めです。
下田で一番好きな場所。
13882696_1096561700420281_1626523457845360084_n[1] (2)
らくら店内の窓際の席。水鳥たちが羽を休めたり、遊んだりして日々違う様子を見せてくれる稲生沢川の水面、窓から見えるみなと橋の風景。それだけでゆったりとした時間が過ごせます。
これは絶対お勧め!! 下田のおみやげ✰NO.3,2,1✰
ペリーティー箱積み (2)
開国下田紅茶、ペリーティーの桐箱入りのティーパック。下田と言えば海産物と思われますが、又一味違った下田だけでしか手に入らない紅茶です。
インストラクター紹介一覧