インストラクター紹介

歴史・文化の達人
ポートレート
所属
下田芸者置屋 桝家
所在地
下田市四丁目1-21
連絡先
0558-36-4114
URL
http://shimoda100.com/shimoda-geisya/

なにをやっている人?

下田芸者

氏名

桝家 奈美
  • Facebook

ニックネーム

なみさん

プロフィール

下田生まれ下田育ちの芸者です。
近所からいつも三味線が聞こえ、お座敷に上がる芸者さんが車を待っている姿も目に浮かびます。街を歩く下駄の音や酔っぱらいの喧嘩の声が子守唄でした。20代の頃、旅先のニューヨークに腰が落ち着いてしまい家具やオルゴールの販売を手伝ったりしました。下田に戻ってからは、昔の華やかさを思い浮かべながら、芸者の若手育成に力を入れています。日本人である事を痛感しています。

コメント

下田と言えば唐人お吉。やっぱり下田芸者です。

いつもと違う時間を過ごしてみませんか?芸者の基本は毎日の稽古。しっかりとした芸を披露する事が基本です。一方お座敷遊びは雰囲気を読んで、座を盛り上げ楽しんで頂く。金毘羅船々、ちょっと色っぽいお開きさんなどは昔からの定番。最近はどっきり芸者と言って、宴会の乾杯の後そっと抜け出し、芸者に変身して乱入…なども大いに盛り上がります。

わたしのおすすめ

ガイドさんがすすめる下田の絶景スポット
お座敷にあり。旅先の人情にふれて下さい。

下田は着物が似合う街。芸者高島田の私達とバッタリ出会うかも…。その時は気軽にお声掛け下さい。
お座敷にあり
下田で一番好きな場所。 
金屏風の前。

芸を披露する時の緊張感が得られるのがこの場所です。
金屏風
下田に来たならコレたべてー
下田の街の二丁目にあるチョー美味しい、北インド風カレーを出すお店「くしだ蔵」に寄ってみて下さい。

心地よいひんやり感の伊豆石を積んだ、高い吹き抜けの蔵。冬は暖炉に火が点ります。実はここ私の実家。CDも販売してます。
426375_560223990665066_1138869630_n[1]

なみさんがガイドするのはこちら

141128_0147
どっきり芸者、大うけします!
141128_0123
お吉物語・下田節もぜひ一度
141128_0091
三味線の音と舞と

し~もん 下田の案内人

私たちが「下田」について、
知りたいこと+αにお答えします。

田中
下田男児
田中さん
土屋
下田女子
土屋さん

お問い合わせ

下田のことを知りたい方、
お気軽にお問い合わせください!

掲載されている情報は変更されている場合がございますので、詳しくは各事業所又は『し~もん[下田の案内人]』(電話:0558-22-5255)にお問い合わせください。