海感!海国のまち下田 し~もんは下田市事業「世界一の海づくりプロジェクト」の一環で行われています

し~もん「伊豆下田のアウトドア・自然体験」案内所

インストラクター紹介

インストラクター紹介一覧
IMG_9900

海の達人

なにをやっている人?
伊豆クルーズ(遊覧船)の案内人
氏名
一瀬 薫
ニックネーム
一瀬さん
プロフィール
1952年生まれ。昭和46年伊豆急行に入社。

趣味のカメラと鉄道の仕事で現役時代より「撮り鉄」「集鉄」に夢中となる。平成9~12年迄の3年間、高速カーフェリーTSL担当で(現)伊豆クルーズ、(旧)伊豆急マリンに出向で在籍、平成24年入社し、現在に至る。
コメント
幕末開港と言えば下田港。

その歴史の港を約20分間で堪能できる遊覧船です。船内より流れる案内放送を確かめながら動乱の下田の歴史をひも解いてみるのも下田を満喫できる一つである。それを高い位置から見るなら下田ロープウェイ、吉田松陰の足跡を辿るなら蓮台寺「村山邸」、さらに4月上旬なら見事な「しだれ桃」の群生が見られる。個人の庭先一帯にさきほころぶ「しだれ桃」はまさに一見の価値あり!!桜の時期なら下田深根城跡の樹齢150年の「しだれ桜」も見逃せない下田の魅力の一つ!!是非、歴史とロマンの幕末開港の港!!黒船サスケハナにご乗船を・・・。
下田で一番好きな場所
sakura007 深根城祉
深根城祉

その昔、侵略戦争により多くの尊い生命が失われた深根城址、そこに何かを語りかけるように立っている2本のしだれ桜(樹齢150年)4月上旬には見事に咲きほころぶ桜は最近、遠方より聞きつけて写真を撮りに来る観光客が多く、自分も数年カメラ片手に訪れます。下田に来たら深根城の桜を見ないでは帰れない私だけのパワースポット!!

 
ズバリ!下田を一言でアピールすると・・・。
松陰・踏海の朝
下田と言えば幕末開港のみなとです。

日本の歴史を知るうえに余りにも有名な人物、吉田松陰です。下田の港から世界を見た、その吉田松陰の足跡を辿り、四季折々の花を見ながらの歴史探索は下田観光のイチオシのお勧めポイントです。
これは絶対お勧め!!下田のおみあげ☆NO1☆
016
下田の旅の想い出の土産は黒船サスケハナをバックに一枚の記念写真!!

サスケハナ乗船&集合写真セット券などの企画もありますので下田土産のNO1!と言えます。

 
インストラクター紹介一覧